鍵修理に依頼すれば時間に関わらず駆けつけてくれる

家の模型と錠前

玄関から侵入する泥棒

家の模型と錠前

鍵だけでは不十分

防犯のために玄関ドアの鍵を交換するのは基本的な対策のひとつです。最近では複製しにくい鍵や鍵穴のないキーも利用できますし、ワンドアツーロックも普及してきました。しかし鍵を高性能なものに交換しても、ドアそのものを攻撃されると意味がないので気をつけてください。たとえばガラスのはまった玄関扉は、その部分から簡単に破られてしまう場合があります。玄関だけに気を取られていると、勝手口のドアから侵入されるケースもあり注意が必要です。徹底した防犯対策を考えるなら、ドアの交換を視野に入れても良いでしょう。扉と枠の隙間や、郵便受けなどから工具を差し込み、サムターンを回す手口の泥棒もいます。そうした侵入者にも対処できることが重要です。

家のイメージアップにも

ドアの材質も防犯性能に影響を与えます。音のしないハンドドリルを使えば、木製のドアなどは目立たずに穴を開けることができます。またバールなどを使って、力ずくでこじ開ける乱暴な泥棒もいます。空き巣は時間をかけることを最も嫌うので、少しでも破壊に手間取るような対策を講じる必要があります。玄関ドアは建物の顔ですから、防犯性能も大切ですが見栄えを軽視することもできません。古くなってきた家のイメージを一新するためにも、ドアの交換は効果的です。本格的なリフォームとなると長期間を要するのが普通ですが、最近では1日で玄関ドアを交換できる工法も普及しています。工期が短ければ費用の節約にもなるので、一度見積を取ってみると良いでしょう。